行動解析装置 – 有限会社メルクエスト

よくある質問:行動解析装置

Q測定原理を教えて下さい

A

赤外線フォトビームセンサーを限界まで細密に配置していますので、小さなマウスの動きをとらえることができ、運動量や位置変化を検出することができます。

Q軌跡は描けますか

A

赤外線フォトビームセンサーを非常に細かく配置しており、マウスの位置変化も捉えますので、行動軌跡を描くことができます。

Q立上り(後ろ肢立ち)行動は測定できますか

A

オプションの立ち上がりセンサーを追加すると、立ち上がり行動(後ろ肢立ち)を計測することができます。
このデータは運動量とともに、PCに取り込まれます。

Qどんな実験ができるのか教えて下さい

A

運動量測定の他、LDモードでは明暗ケージを用いて抗不安試験及び2コンパートメントケージでCPP(薬物依存試験)、AQモードでは専用ケージを用いて強制水泳試験、OFモードではオープンフィールド試験、FCCモードでは恐怖条件付試験などの実験が可能です。

Q1台で1匹の測定ですか

A

1台で1匹が基本ですが、AQモードとTWモードについては、専用ケージでマウス2匹同時測定可能です。
また、ダブルモードでは、専用のパーツを用いて、ラットでも2匹同時の測定が可能です。
詳細はお問い合わせください。

Q各実験にどのようなオプションがありますか

A

LDモードで、明暗ケージおよびグリッド付明暗ケージ。
AQモードで、強制水泳ボックス。
OFで、組み立て式ケージ。
TWモードで、TWケージ。
FCCモードで、恐怖条件付ケージなどが用意されています。

Q点検は可能ですか

A

SCANETは、多数のフォトビームセンサーを用いています。
これらは、使用時間と共に性能が劣化していきますので、連続使用の前には正確な計測のために点検をお勧めします。