トレッドミル – 有限会社メルクエスト

トレッドミル製品開発の歩み

トレッドミル開発経緯

1997

東洋産業にて開発 当初の型式は TMS
2連の走行部を機械的に連結して多連とするタイプ
走行部、コントローラ、電気刺激装置の3点で構成

1997年 2連TMS
2000

以前に販売していたものに対し、要望が出てくる

  • 走行ベルトのズレ
  • ベルトテンション機構を設計変更
2010

走行時の音に関し、社内的に改良要望出る
走行時の音対策として、ローラを変更

2010年 2連TMS
2011

低速時でも安定回転するため、DCサーボモータに変更
運転時間設定のタイマーを、見やすいデジタル式に変更

2012

多連の要望に応じ、マウス8連開発 TMS-8

2012年 8連TMS
2015

走行ベルトが外せて洗える「ウォッシャブル」タイプ開発

2016

従来シリーズをさらにローコスト化した、TMS-Bシリーズ開発
コントローラとショックジェネレーターを一体化した

2016年 ローコストTMS-Bシリーズ
2017

更なる多連要望に応え、12連 TMS-12B開発

2018

マウス専用タイプを開発

  • 2連と2連をラインアップ 超コンパクト ローコストタイプ
    Bシリーズの新型 Nシリーズ開発
    まずは、TMS-6Nセンサー付きタイプ開発
  • 疲労度やモチベーションの数値的目安とするTMS-BA 実用新案取得
2018年 マウス専用トレッドミル
2019

ショックを使わないタイプを開発
「ショックレスシリーズ」TMS-SL 特許出願中

2019年 ショックレスTMS-SL